傘の撥水(はっすい)機能

 

水をはじく「撥水(はっすい)性」は最近の傘では、そのほとんどが撥水剤による加工にて備わっています。(ビニール傘除く)
しかし、この機能は摩擦や紫外線、また使用していくことでどうしても徐々に弱まっていきます。

撥水剤は始め、トゲのような形で傘生地に付着していますが、段々と寝てしまうため撥水性が弱まってしますのです。


簡易な対策としては生地にドライヤーを当てて軽く温めることが有効とされています。

寝てしまったトゲは、温めることで復活するため、撥水性も回復するのです。

比較的新しい傘で、生地に雨が染みやすくなったり、撥水性が弱くなったと感じた時に、一度試してみてはいかがでしょうか。


※必要以上に熱をあてたりすると生地を傷めたり、変形してしまう恐れもありますので、実施される際はくれぐれもご注意下さい!(ビニール傘は不可です!)

Other articles

(京都市)ふるさと納税返礼品登録

  ブロンズ設立75周年記念として企画した「西陣織傘(晴雨兼用)」が京都市のふるさと納税返礼品として登録されました。京都の伝統工芸品である西陣織の生地を使って1本1本丁寧に職人が作った傘をぜひご覧下さい。 【ふるさとチョ

もっと読む
梅雨の季節

  寒い冬がやっと終わり、春の陽気を感じ始めていたのも束の間、梅雨が近づいています。 今年の梅雨入りは全国的に平年より早く5月末~6月初旬に始まるそうです。(沖縄は既に梅雨入り) また、この時期はお肌の大敵「紫外線」も多

もっと読む
2022年6月ファミリーセールについて

いつも楽しみにしていて頂いております、お客様には大変申し訳ありませんが、 京都本社におきましては誠に残念ながら中止とさせていただきます。 しかしながら、九州営業所につきましては開催させていただきます。 詳細は下記の通りに

もっと読む
傘は縁起物!?

  傘はその形状が“末広がり”のため、古くから「縁起物」とされてきました。また、傘の主要部品である親骨は8本、16本、24本と8の倍数を用いて作られることが多いのですが、この8の漢数字「八」も形が“末広がり”で縁起が良い

もっと読む