ブロンズの社名由来

ブロンズは昔「西陣洋傘㈱」という社名で、その名の通り京都の西陣で傘を製造販売していました。
そして、1987年(昭和62年)に「ブロンズ」に名称を変更した歴史があります。
この社名は「ブロンズ(銅)」を磨き上げることで「ゴールド(金)」、「シルバー(銀)」になろう!
という思いが込められていています。まだまだ磨き上げが足りない!!と思う今日この頃です。

Other articles

梅雨の季節

  寒い冬がやっと終わり、春の陽気を感じ始めていたのも束の間、梅雨が近づいています。 今年の梅雨入りは全国的に平年より早く5月末~6月初旬に始まるそうです。(沖縄は既に梅雨入り) また、この時期はお肌の大敵「紫外線」も多

もっと読む
2022年6月ファミリーセールについて

いつも楽しみにしていて頂いております、お客様には大変申し訳ありませんが、 京都本社におきましては誠に残念ながら中止とさせていただきます。 しかしながら、九州営業所につきましては開催させていただきます。 詳細は下記の通りに

もっと読む
傘は縁起物!?

  傘はその形状が“末広がり”のため、古くから「縁起物」とされてきました。また、傘の主要部品である親骨は8本、16本、24本と8の倍数を用いて作られることが多いのですが、この8の漢数字「八」も形が“末広がり”で縁起が良い

もっと読む
京都の傘(西陣織傘)完成!

ブロンズ設立75周年記念として企画した京都の傘(西陣織傘)がついに完成!!西陣織独特の美しく艶やかな生地を使用した晴雨兼用傘(4柄8色)は美しいだけでなく、UV機能やはっ水機能もあり、晴れの日も雨の日もバッチリな仕様とな

もっと読む